Valtal



  • みうらのぽーたる



    valtal.air-nifty.com内を検索

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月の4件の投稿

2007.03.18

ほんとうは(BlogPet)

ほんとうは、Valtalは
実はですね、数字のパズルできょうな「羊飼いの遺産相続」が気になってしょうがないん.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Hare familiar」が書きました。

2007.03.11

きょう(BlogPet)

きょう、気っぽい相続しないです。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Hare familiar」が書きました。

2007.03.04

広い竜騎士や(BlogPet)

日々が続いています
Harefamiliarたちが、広い竜騎士や、大きい竜騎士をBLOGしたいみたい…
ずっと単調な日々が続いています
(竜騎士とか続いています)
Harefamiliarたちが、広い竜騎士
な(タルタル)
です
ずっと単調な(タルタル)
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「Hare familiar」が書きました。

2007.03.01

珍しくFFXIじゃない話

実はですね、
数字のパズルで有名な「羊飼いの遺産相続」が気になってしょうがないんです。
「3人の子供を持つ羊飼いが遺産に関する遺言を残して死んだ。”私の資産羊11匹を次の通り分配する。長男には1/2、次男には1/4、三男には1/6。ただし羊は殺してはならない。”と。遺産を分配できずに困っていると通りかかった羊飼いが”私の羊を1匹差し上げましょう。それで分配できるはずです。”と言った。3人はそれぞれ6匹、3匹、2匹もらい、余った1匹を通りかかった羊飼いに返した。」って奴です。
これを読むとふつうは納得するんですよね。
でも!

遺言で”長男には1/2”と言っているのに6匹もらってるんですよ?
遺言と結果が違うのであれば「間違い」といわざるを得ないでしょう・・・

しかし!
これは問題が悪いのではなく、この問題を聞いた人が他の人に話すときに勘違いしたことによるのではと考えています。
遺言の内容が"次男は長男の1/2、三男は長男の1/3"とすれば、お題に矛盾せず先ほどの答えが出るからです。
元々割り切れる12匹の時の遺言という説もありますが、最初から余ることがわかるような配分はあり得ないと想います。それともさらに"余った羊は寄付するように"とかあったんだろうか。

が!
ここからが本題です。
このお題はあの殺人事件にも発展しかねない「遺産の取り分」の問題ですよ?
長男の6匹に対してほかの二人にわたる遺産の少ないこと・・・
いったいこの家族にはなにがあったのか、エピソードのトラバ求む!

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »